結婚指輪の選び方その1,相場はどれくらい?

素材選びが相場を決める

様々な結婚指輪が販売されていますが、その価格帯というのは非常に幅広いものです。相場というのはブランドによっても違うため一概には言えませんが、ベースを決めるのはその指輪に使われている素材です。指輪作りに使用される金属は様々ですが、結婚指輪によく使用されるのが金とプラチナです。さらにこの金属の純度がどれくらいかというのも価格に大きく関わってきます。この素材だけで言うのであれば、ペアで10万円前後でオーダーすることができます。つまりシンプルでよければ高純度の素材を選んでいても比較的安価で上質な結婚指輪を購入することができるのです。幅広い価格帯が存在するのは、デザイン料であったりついている宝石、ブランド名など様々な要因が加わっているからです。

何を求めるかという優先順位を決めておくことが大切

結婚指輪に使用する金属はどのブランドでもあまり違いはありません。シンプルなもので10万円くらいのものもありますし、こだわっていけば100万円近くにもなります。どのようなデザインの指輪にするのか、またどのような宝石をつけるのかというポイントが価格をどんどん上げていくのです。 結婚指輪において大切なのは「今後何十年も身に着けていくジュエリーである」ということです。ファッションジュエリーのように気分でつけはずしをするようなものではないため、変形や変色の心配が極力少ないもの、何歳になっても飽きのこないデザインにすることがとても大切です。後々後悔しないように結婚指輪に求める要素に優先順位をつけておき、予算内におさまるようなものを選ぶというのが一番理想に近い結婚指輪の選び方です。

結婚指輪を高崎で扱っている店舗では、幅広い価格帯の商品が存在するため、予算の範囲内で選びたい場合でも安心です。